RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

とうぎ blog

当木建設と四季自然建築アトリエのブログです。
栗木の家 〜リビングの使い方〜
0
    家のプランを考える上でリビングをどこに置くかは重要でそこからすべてがはじまると言ってもいいくらいです。住まわれてからもその家らしさや自分らしさがいちばん感じられる場所でもありますが、このおうちのリビングもそうでした。

    玄関を入るとまず右手に吹抜けのある扇状のリビングが広がります。
    リビング右にBC工房特注のテーブルと椅子があり、食事をしながら外のデッキや坪竹林を見ることができます。
    吹抜けをはさんだ左にはお施主さんの好きなピアノやシタールなどの楽器を演奏、ゲストが鑑賞できるスペースになっています。
    床や天井、梁や柱、家具にいたるまで無垢の力強い木材を使い、珪藻土の白い壁でそれらを包み込みました。
    吹抜けの大きな窓は家全体に光や風を取り込む装置としてだけでなく、公園の緑や空間の広がりをもたらしてくれました。
    音楽や光や風、力強い素材が創造力をかきたてるようなリビングにしてくれたと思います。



    竣工:2004年4月
    構造:木造軸組工法
    敷地面積:225.37
    延床面積:116.03
    設計:四季自然建築アトリエ 當木裕之
    施工:当木建設
    撮影:藤木一彰
    | 栗木の家 | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    栗木の家の紹介 〜玄関・リビング〜
    0
      木が好きというより、木を愛してやまないこのおうちのお施主さんは自ら材木を探しに岩手県まで足を運んでくれただけに、いたるところのこだわりの木材をたくさん使っています。


      玄関:床は外のアプローチからつづく鉄平石と那智黒。収納や飾り棚は宮城(栗駒)のミズメザクラです。


      吹抜けリビング:床はめずらしい桜無垢板。天井と壁は定番の杉無垢板と珪藻土の取り合わせです。吹抜けを貫いているのはカラ松の梁、写真右に見えてるのは杉の化粧柱。BC工房の家具がこのリビングにほんとによく合っていました。

      竣工:2004年4月
      構造:木造軸組工法
      敷地面積:225.37
      延床面積:116.03
      設計:四季自然建築アトリエ 當木裕之
      施工:当木建設
      | 栗木の家 | 16:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |